金沢はれほれ日記

今日の出来事、明日の反省!

菊池寛(ちくま日本文学)

   ちくま文庫から出ている「ちくま日本文学 全30巻」(税別880円)の内、027菊池寛を購入。このシリーズは、造本や装丁が気にいっている。また、活字も大きくて読みやすい。子どもの頃読んだ「忠直卿行状記」「恩讐の彼方に」など再読したくて買ったのだ。

   最初の短編「勝負事」を読み、次の「三浦右衛門の最後」の出だしで、あれっと思った。この本、読んだ事ある、それも最近だ、って事に気づいた。老化恐るべし、足腰や眼や歯ばかりか、脳まで劣化が進んでいる。

f:id:carp55kousaka272:20190423052124j:image

   菊池寛、怒った時は「くちきかん」。コレも前に言ったなぁ。