金沢はれほれ日記

今日の出来事、明日の反省!

読書2018(3月)

3/23

「西郷と大久保」海音寺潮五郎: 新潮文庫。半分まで読むもいまいち面白くない、思い切ってここで読むのを止めることにします。

 

3/26

BECK」1〜5巻 講談社漫画文庫 ハロルド作石 🌟🌟🌟

f:id:carp55kousaka272:20180327081005j:image

   読み出したら止まらない面白さ、ロック音楽、バンド活動、野外ライブetcの魅力満載。5巻目の野外ライブは興奮してしまった。可愛い女の子や変なコーチのおじさんなどの脇役も良い。文庫版全17巻、講談社コミック全34巻。

 

3/28水

「ロケットGメン」藤子F不二雄大全集: 小学館🌟🌟🌟

f:id:carp55kousaka272:20180328071450j:image

   少年漫画の王道、秘密基地 ロボット 博士 正義感 コスチューム …少年の夢が全て詰まっています。連載されたのは1962年「小学二年生」、何とこの時私も小学二年生。

 

3/30
北海タイムス物語」増田俊也: 新潮社。🌟🌟🌟

仕事が出来なくて、情けなくて「トイレで声を殺して泣く」、柔道部の時と同じだ、リアルだ。働けど働けど給料は20万円に届かず、新聞社の部次長の小遣いが1万円以下とア然とするしかない労働環境。安酒とサラ金と不甲斐ない自分…。圧巻は第12章から、人間はやる気があるかどうかでここまで変わる。
f:id:carp55kousaka272:20180330045959j:image

心に響いた言葉「正確さとリズム、遊び。この三つのバランスがとれたところに見出しというものはある。」[新聞の見出しとは何なのか: 権藤さんのささやく講義より]