金沢はれほれ日記

今日の出来事、明日の反省!

他人事じゃなく

   楽しみに取ってあった黒川博行「果鋭」を読み出しました。堀内・伊達シリーズの第三作、元大阪府警暴対係の二人が警察を退職しどこまでも転落する様が、他人事じゃなく身につまされます。とりわけ「六畳一間のアパートに逼塞し、…起きて寝るまで誰とも口をきかず、コンビニの弁当やラーメン屋で独り空腹を満たす…。」という堀内の描写は、60代退職者で友達少なき自分には心に響くものがあります。

   それにしても、大阪弁の会話が気持ち良い、黒川節あいかわらず快調です。

f:id:carp55kousaka272:20170630080941j:image